トップメッセージ

UTグローバル株式会社
代表取締役社長
磯部 将樹

「人を育てる」ことを通して、アジア全体での相互成長に寄与する。

UTグローバルは、政府公認の制度である「外国人技能実習制度」に準拠して、実習生の採用フォローから教育、実習中の管理など、お客様に必要な業務を代行することで、実習がスムーズに運用されるための管理代行サービスを展開しています。
アジア周辺の新興国には、元気で向上心にあふれた若者が多く、母国の成長、あるいは自分自身のキャリアアップのために、「外国人技能実習制度」への希望者も増え続けています。

しかし、実習生を採用・教育し日本へと送り出す現地の「送り出し機関」や、日本の受け入れ機関となる「監理団体」が数多く林立し、その質にも大きな優劣の差があることが、制度を正しく運用するうえでの大きな障害となってきました。

UTグローバルは、母体となるUTグループが創業以来20年以上にわたり国内で培ってきた人材サービスのノウハウを活用し、実習生のキャリア形成支援を通して、受け入れ企業に人材的メリットを提供するしくみを構築してきました。そのために優良な送り出し機関、監理団体を厳選して提携するとともに、制度の正しい運用と初期教育のコンサルティングなどを行ってきました。

日本の国際貢献としての「外国人技能実習制度」を正しく運用することで、日本と新興の周辺アジア諸国の架け橋となり、アジア全体の相互成長に寄与したい。お客様と一緒に、このやりがいに満ちた未来創造プロジェクトを実行することができれば幸いです。