UTグローバル株式会社

日本と周辺アジア諸国との 架け橋となります 日本と周辺アジア諸国との 架け橋となります

UTグローバルの特徴

UTグローバルでは優秀な人材育成のため
様々な実習生向けサービスと取り入れていいます

実習生活用のメリット

  • 優秀な人材の育成
    実習生は、非常に勤勉で前向きです。UTグローバルでは若く健康で意欲的な人材が配属された後、育成を行います。帰国後もキャリアUPを目指す為、日頃から業務習得に臨み、日本語の教育も継続して取り組みます。
  • 長期間での育成が可能
    国内は有効求人倍率の高騰化により採用難の状況ですが、実習生の採用難はありません。さらに、意義を持って日本に来ている為、お客様の労働時間を順守し生産の安定に貢献します。
  • 職場の活性化
    実習生は明るく、そして真面目に就労する者が多い為、受け入れ現場では面倒見が良くなる、作業性の向上など、相乗効果で職場の質が改善される事例も多くあります。
  • 多大なメリット
    人員の入れ替えが少なく、高い能力を維持出来る為、実習機関中の生産性向上によるメリットが見込めます。
外国人技能実習生制度とは
外国人技能実習生制度とは、海外の若者が日本の優れた技術・技能・知識を日本の企業にて就労することによって学び、帰国後母国の発展に役立てもらうための政府公認制度です。法務省、外務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の5省共管で設立された公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導に基づき1991年から実施されています。現在、本制度の利用者16万人が来日し国内の企業で実習にあたっています。 ※法令遵守が何より重要

一般的な実習生受け入れフローとUTグローバルの違い

通常、団体監理型と企業直接型がありますが、ほとんどが団体監理型となります。しかし、監理団体・送出し機関共に不透明な業者が多く、どの団体・企業を選ぶかにより導入後の活用結果が大きく変わります。UTでは自社にてコンプライアンス重視の視点と活動内容を判断し、優秀な提携先と連携しながらサービスを提供しています。

一般的 【団体監理型】

海外の送り出し機関と技能実習生受入れの許可を持つ国内の監理団体が提携し、企業に人材を紹介します。

UTグローバルを活用して頂くだけで、各種手続・事前準備をスムーズにさらに、導入後も安心して運用できる体制作りもサポート致します。

UTグローバル 【団体監理型】

企業様に代り、UTグローバルが送り出し機関と監理団体を厳選、実習生を安心して活用できるサポートを行います。